ラファエル・シルバ、犠牲の友人思い神妙…8・15スルガ銀行CS

[ 2017年7月19日 05:30 ]

記者会見で記念撮影する(左から)浦和のラファエルシルバ、日本サッカー協会の田嶋幸三会長、スルガ銀行の岡野光喜会長、浦和のペトロビッチ監督
Photo By 共同

 昨季ルヴァン杯王者の浦和が、昨年の南米カップ王者シャペコエンセ(ブラジル)と対戦するスルガ銀行チャンピオンシップ(8月15日、埼玉スタジアム)の記者会見が18日、都内で行われ、浦和のFWラファエル・シルバ(25)らが出席した。

 シャペコエンセは、昨年11月に起きた航空機墜落事故により、多くの選手、関係者らが犠牲となった。ブラジル出身のラファエル・シルバは「(犠牲者には)残念ながらコリチーバ時代に一緒にプレーした2人の友人(MFジウ、MFセルジオ・マノエウ)がいた。長く心に残る試合になると確信している」と神妙な表情で話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年7月19日のニュース