山田大記  欧州でのプレー視野「決まり次第、渡欧」明立定期戦OB戦出場

[ 2017年7月15日 13:09 ]

 第58回サッカー明立定期戦(明大―立大)が15日、明大八幡山グラウンドで行われ、5月にドイツ2部カールスルーエを退団した明大OBのMF山田大記(28)がOB戦(20分ハーフ)にフル出場した。

 前半はセンターバック、後半はボランチでプレー。鋭い出足でのパスカットや正確なロングフィードなどで2―0の勝利に貢献した。現在は移籍先を探しながら、国内で自主トレ中。「欧州で移籍先を探しており、決まり次第、渡欧しようと思っています」と欧州でのプレーを継続する意向を示した。

 山田は11年に明大から磐田入りし、14年7月からカールスルーエでプレー。ザッケローニ監督が指揮した12年には日本代表候補のトレーニングキャンプに招集された実績もある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年7月15日のニュース