ザンクトパウリFW宮市、右膝前十字じん帯断裂…復帰に数カ月

[ 2017年6月30日 05:30 ]

膝前十字じん帯断裂と診断されたドイツ2部ザンクトパウリFW宮市
Photo By スポニチ

 ドイツ2部ザンクトパウリは28日、FW宮市亮(24)が同日に行われた紅白戦で負傷し、右膝前十字じん帯断裂と診断されたと発表した。来週にも手術を受け、復帰には数カ月かかる見込みという。

 宮市はアーセナルから移籍した直後の15年7月にも左膝前十字じん帯を断裂し、8カ月以上の離脱を強いられた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年6月30日のニュース