障がい者サッカー連盟が統一ユニ発表 北沢氏「価値を上げる」

[ 2017年6月30日 05:30 ]

統一日本代表ユニホームに袖を通す各団体の選手たちと、日本障がい者サッカー連盟の北沢会長(後列中央)
Photo By スポニチ

 日本障がい者サッカー連盟が「障がい者サッカー7競技団体統一日本代表ユニホーム」を発表し、都内でお披露目した。

 アディダス・ジャパン社を公式サプライヤーに迎え日本代表の象徴である青色を基調としたデザイン。将来的には全団体が男子日本代表と同じユニホームの着用を目指しており、会見に出席した同連盟会長の元サッカー日本代表MF北沢豪氏は「(日本サッカー界の)価値を上げる存在になりたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年6月30日のニュース