柴崎にスペイン1部5クラブが熱視線 7月から移籍交渉開始

[ 2017年6月28日 05:30 ]

スペイン1部の複数のクラブから獲得の噂が報じられているテネリフェMF柴崎
Photo By スポニチ

 スペイン2部テネリフェの元日本代表MF柴崎を巡り、スペイン1部の複数のクラブが争奪戦を繰り広げることになりそうだ。関係者によると、かつて元日本代表MF中村俊輔(磐田)も所属したエスパニョールが獲得に向けて動いているという。また、地元ラジオ局「オンダ・セロ」がセルタ、マラガも興味を示していると報じ、これまでに地元メディアで名前が挙がったアラベス、ベティスを含めるとすでに5クラブが熱い視線を注いでいることになる。

 テネリフェのセラーノ・スポーツディレクターも27日の会見で「オファーがあれば柴崎がクラブを去るべきであることは理解している」と話すなど、慰留が困難との見方を示した。柴崎は7月から契約上フリーになり、どのクラブとも交渉、契約することが可能となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年6月28日のニュース