横浜、FC大阪に粘勝 17歳MF山田が公式戦先発デビュー

[ 2017年6月22日 05:30 ]

天皇杯2回戦   横浜3―1FC大阪 ( 2017年6月21日    ニッパツ )

 2種登録で17歳の横浜MF山田が公式戦先発デビューを果たし、後半41分までプレーした。中盤から左右へ長短のパスを蹴り分けて、攻撃にアクセントを加えるなど持ち味を発揮。「少し緊張したけど、序盤に良いインターセプトができてからは緊張はなくなった」と振り返り、モンバエルツ監督は「山田は素晴らしいプレーをした」と褒めちぎった。

 FC大阪は新幹線移動中に大雨の影響で約4時間も車内に缶詰め状態になるアクシデントがあったが、和田監督は「言い訳にはならない。力負け」と勝者を称えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年6月22日のニュース