レスター マンCのナイジェリア代表FW獲得に動く 英紙報道

[ 2017年6月22日 19:06 ]

 日本代表FW岡崎慎司(31)の所属するレスターが、マンチェスター・シティーに所属するナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(20)の獲得に動いていると、21日付の英紙デーリー・テレグラフが報じた。

 マンチェスターCのグアルディオラ監督は今夏にストライカーの獲得を進めており、アーセナルのチリ代表アレクシス・サンチェス(28)がトップターゲットになっている。すでにアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(29)、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(20)がいるため、イヘアナチョは“戦力外”で退団が認められているという。

 今季リーグ戦20試合で4得点、公式戦29試合で7ゴール3アシストを記録したイヘアナチョには、レスターのほか、エバートン、クリスタルパレス、ウエストハムが興味を示している。レスターは移籍金とされる2500万ポンド(約35億円)に見合うストライカーであるとイヘアナチョを評価しており、今夏の市場で獲得に本腰を入れるという。

 またシェークスピア監督は、イヘアナチョを獲得すればエースのイングランド代表FWジェイミー・バーディー(30)の負担を減らすことにもつながると考えているという。ナイジェリアのホープの加入が決まった場合は、岡崎の起用法にも影響が出てきそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年6月22日のニュース