ビーチサッカー代表 メンデス監督が契約満了で退任へ

[ 2017年6月22日 18:00 ]

 日本サッカー協会は22日、ビーチサッカー日本代表のマルセロ・メンデス監督(47)が8月末日までの契約満了をもって退任することになったと発表した。

 ブラジル・リオデジャネイロ出身のメンデス監督は2014年に就任。今年5月のワールドカップ(W杯)バハマ大会に出場したが、1次リーグで敗退した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年6月22日のニュース