浦和、AFCに質問状「何が規定抵触?」ACL済州戦騒動

[ 2017年6月11日 05:30 ]

5月31日のACL済州戦の延長後半、浦和MF阿部(中央)は済州DF白(右)から肘鉄を受ける
Photo By スポニチ

 浦和は5月31日のACL済州戦で、相手選手に乱暴、侮辱的行為を受けるなどの騒動を受け、アジアサッカー連盟(AFC)から約220万円の罰金が科された件で、AFCに質問状を送った。

 試合後の騒動関与、試合価値を下げたという2点が処分理由とされるが、AFC倫理規定には選手を救う行為はその対象ではないと明文化されているという。クラブ幹部は、抗議ではないとした上で「何が倫理規定に抵触したのか、説明が欲しい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年6月11日のニュース