C大阪に福岡大守護神・永石内定 大学No.1GK即戦力起用へ

[ 2017年5月17日 05:45 ]

福岡大GK永石拓海
Photo By スポニチ

 大学No.1GKを即戦力起用する。C大阪が福岡大のGK永石拓海(4年)を、公式戦に出場できるJリーグ特別指定選手として近日中に登録することが16日、分かった。この日に、来季からの加入が内定したことを発表。Jリーグ関係者によると、現時点での能力も高く評価しており、大学卒業を待たずに戦力として組み込むことになったという。

 1メートル91の長身を誇る永石は、過去にU―17日本代表に名を連ね、14年に高川学園高から福岡大に進学。1年時から全日本大学選抜に選出され、現在は同選抜の正守護神を任されている。来季からの加入が決まり、クラブ広報を通じて「自分の特長であるコーチング、ハイボールの強さ、守備範囲の広さを生かしてC大阪の勝利に貢献していきます」とコメント。今季からプロのピッチに立つ可能性は十分だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年5月17日のニュース