川崎F、旭日旗騒動受け手荷物検査を実施 浦和も旗持ち込み禁止

[ 2017年5月10日 05:30 ]

ACL1次リーグG組   川崎F4―0イースタンSC ( 2017年5月9日    等々力 )

 韓国で行われたACL水原戦でサポーターが旭日旗を掲げたことが発端となった騒動を受け、試合前に手荷物検査が行われた。AFCから1年間の執行猶予付きで無観客試合の処分を科されたが、クラブ側は「旭日旗に差別的、政治的な意図はない」との主張を続けている。

 一方、同様の問題で再び騒ぎが起きた場合はさらなる厳罰が下される可能性を考慮して、ACLでは旭日旗の持ち込みを控えるよう呼び掛けた。なお、浦和もこの日、10日に韓国で行われるアウェーのFCソウル戦に国旗などのフラッグは、持ち込みを全て禁止すると発表した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年5月10日のニュース