ボールボーイに液体かけたサポ 無期限入場禁止に 徳島が処分発表

[ 2017年5月2日 20:38 ]

2試合出場停止となった徳島のDF馬渡
Photo By スポニチ

 サッカーJ2徳島は2日、4月29日に行われた千葉戦(フクダ電子アリーナ)後にボールボーイを務めていた中学生へ液体をかけた当事者を特定し、処分内容を通告したことを発表した。

 処分の対象は1人。徳島が出場する全ての公式戦に関して無期限の入場禁止とした。クラブは「ご迷惑をお掛けしたボールパーソンの皆様、フクダ電子アリーナでご観戦されたすべての皆様、運営主管であるジェフユナイテッド千葉様をはじめとする関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 29日の試合ではDF馬渡和彰(25)が前半14分に、別のボールボーイだった中学生を小突き、主審から「乱暴な行為」と判断されて一発退場となった。試合後、徳島側スタンドのファンが「アルコールと思われる」液体を中学生にかけていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月2日のニュース