猶本“なでしこ初ゴール”非公開ゆえのお願い「熊本の皆さんに届けて」

[ 2017年4月12日 05:30 ]

練習試合(45分×2)   日本5―0コスタリカ ( 2017年4月11日    熊本 )

なでしこジャパンの猶本
Photo By スポニチ

 なでしこジャパンは11日、熊本合宿最終日に一般非公開のコスタリカとの練習試合を行った。9日の親善試合に出場しなかった若手やサブ組が主体で5―0と快勝。ボランチで先発したMF猶本光(23=浦和)が“代表初ゴール”となる先制点を挙げ、ゴールラッシュの口火を切った。

 試合後、猶本はキュートな笑顔で報道陣に“お願い”した。「おととい(9日)の試合で熊本の皆さんに元気を与えられるような初ゴールを狙っていたけど、できなかったので、皆さんの力をお借りして初ゴールを熊本の皆さんに届けたい」。A代表では練習試合を含めても初得点、それは前半10分だった。中央で右サイドのFW籾木からのマイナスのパスに反応。間に入ったMF中島がスルーすると「GKが私から見て右に動くのが見えたので流し込んだ」と冷静に右足で決めた。

 15年8月の東アジア杯以来、国際Aマッチのピッチから遠ざかる。結果を残しても「1対1を外したのが心残り」と満足せず、「FWと絡みながら前に出て行くプレーはどんどん出していきたい。守備ではもっと取り切れるプレーを増やしていきたい」とさらなる成長を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年4月12日のニュース