大宮 FW大前が練習試合で移籍後初得点「ムルジャといい距離感でできた」

[ 2017年3月26日 17:45 ]

 大宮は26日、神奈川大と練習試合を行い2−0で勝利。大前とムルジャがゴールを決めて、決定力不足に悩むチームに光明をもたらした。

 前半26分に大前の縦パスからムルジャが先制。28分には左の和田のクロスを大前が決めた。大前は練習試合も含めて大宮移籍初ゴールだ。「ムルジャといい距離感でできた。僕がボールを持つとムルジャも動き出すので、お互いが意識し合えた。しっかり点が取れて良かった。もっとゴールの近くでプレーできればチャンスになる」と1得点1アシストの試合を振り返る。「ボールを持っていい場面をつくれている。継続して点を取って勝てれば自信になる。ぶれないで渋谷監督のサッカーをチームとして表現できれば」と、前向きだ。

 チームは4戦全敗だが、渋谷監督は「ムルジャと大前が点を取った。大前がシュートを打てて、チャンスをつくれてよかった。選手がトライしたところはよかったし、今後につながる試合だった」と、4月1日の鹿島戦へ向けていい感触を得たようだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年3月26日のニュース