鹿島FW鈴木“顔面弾”今季リーグ初先発で公式戦3戦連発

[ 2017年3月19日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   鹿島3―2清水 ( 2017年3月18日    アイスタ )

<鹿島・清水>後半34分、鼻血を流しながらゴールを決めた鹿島・鈴木
Photo By スポニチ

 今季リーグ戦初先発を果たした鹿島のFW鈴木が、公式戦3戦連続得点となる同点弾を決めた。後半34分にMF永木のクロスにファーサイドから飛び込んだ。鼻血が出るほどの“顔面弾”。公式戦8戦5得点とし「普段は5分、10分で仕事しなきゃいけないことが多い。15分あれば絶対いけるなと思った」とうなずいた。

 6分後にはエースFW金崎が途中出場から右足で決勝点を決めて逆転。日本代表の25人に選ばれなかった日本人FWコンビが気を吐いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年3月19日のニュース