離脱中のC大阪GK金鎮鉉 ランニングなど再開「なるべく早く戻りたい」

[ 2017年3月13日 20:06 ]

ランニングなどを再開したC大阪GK金鎮鉉
Photo By スポニチ

 腰痛のため離脱していたC大阪の韓国代表GK金鎮鉉(キムジンヒョン、29)が13日、屋外でのランニングなどを再開した。開幕戦後に痛みを発症し、その後は治療や室内調整が続いていたが、この日は精力的に汗を流した。

 「今日動いてみて、リバウンドが出るかどうか」と金鎮鉉。復帰のタイミングを問われ「まだ分からない。なるべく早く戻りたいという思いはあるけど、今はしっかり治すのが大事。頑張ります」と語った。

 磐田との開幕戦にフル出場した後、第2節と第3節を欠場していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年3月13日のニュース