神戸、唯一の開幕3連勝で奪首 G大阪&清水2連勝 大宮は開幕3連敗

[ 2017年3月11日 20:58 ]

後半7分、G大阪・倉田がゴールを決める
Photo By スポニチ

明治安田生命J1リーグは11日、各地で第3節の残り6試合が行われ、神戸が2―0で仙台を下してJ1唯一の開幕3連勝を飾り、今季初の首位に立った。神戸はG大阪から加入した大森が後半1分に移籍後初となるゴールを決めて先制。同6分には藤田が追加点を挙げて逃げ切った。

 磐田は大宮に2―1で競り勝ち、今季初勝利をマーク。磐田は前半5分、横浜から加入した中村が通算23点目となる直接FKでのゴールを決め、自らの持つJ1歴代記録を更新した。大宮は開幕3連敗となった。

 G大阪は3―0でFC東京を、清水は2―0で新潟をそれぞれ下してともに2連勝。鳥栖は1―0で広島に勝って今季初勝利を挙げ、J1昇格チーム同士の対決となった札幌とC大阪の1戦は1―1で引き分けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月11日のニュース