C大阪 山下に危機感「このままだと残留争いをしてしまうチームになってしまう」

[ 2017年3月11日 19:49 ]

明治安田生命J1第3節   C大阪1―1札幌 ( 2017年3月11日    札幌ド )

ドリブルで持ち込むC大阪・清武
Photo By スポニチ

 C大阪のDF山下が、勝ちきれないチーム状況に危機感を示した。敵地に乗り込んだ札幌戦は、前半13分にセットプレーで先制しながら、後半に入ってから劣勢を強いられ、28分に同点弾を献上。その後、再び攻勢に出たが最後まで追加点を奪えなかった。

 完敗した前節の浦和戦より内容は改善されたとはいえ、これで開幕3試合連続未勝利。チームは一ケタ順位の9位以内を目標に掲げる中、最終ラインを統率する背番号23は「このままだと残留争いをしてしまうチームになってしまう」と口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月11日のニュース