俊輔 磐田で初ゴール J1歴代最多記録更新の直接FK23点目

[ 2017年3月11日 15:19 ]

前半、磐田・中村は笑顔を見せる
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグは11日、各地で第3節最終日が行われ、磐田はアウェーのNACK5スタジアムで大宮と対戦。横浜から完全移籍で加入した元日本代表MF中村俊輔(38)が前半5分に左足で先制点となる直接FKを決め、昨年7月13日の神戸戦(ニッパツ)以来8カ月ぶりとなるゴールをマークした。

 中村が直接FKで得点を決めるのは昨年4月2日のG大阪戦(吹田S)以来通算23ゴール目で、自らの持つJ1歴代最多記録を更新。直接FK17ゴールで、2位の元日本代表MF遠藤保仁(37=G大阪)に6点差をつけた。

 中村は開幕から3試合連続で先発。川又とのワンツーを狙ったムサエフがペナルティーエリア手前で倒されて得た正面やや左寄りのFKを蹴り、ゴール右隅に低い弾道で叩き込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月11日のニュース