欧州CLで歴史的敗退のパリSG、帰国もファンから罵倒…

[ 2017年3月11日 05:30 ]

 パリSGは9日、欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦(8日)でバルセロナに1―6で敗れ、第1戦4―0勝利から大会史上初の敗退を喫した遠征の帰途、パリの空港で待ち受けたファンが選手の車を壊したり、罵声を浴びせたりする事件があったと発表した。

 囲まれたMFモッタの車が発進した際にファンの一人と接触し、負傷して病院に運ばれたとの報道もあり、警察が事実関係を調べている。クラブは「選手と家族に対する威嚇から逃れようとした」と説明し、「問題を起こした人々の行動を強く非難する」との声明を出した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月11日のニュース