清武 1715日ぶり先発!J復帰初戦へ気合「いい準備できた」

[ 2017年3月11日 05:40 ]

明治安田生命J1第3節   C大阪―札幌 ( 2017年3月11日    札幌ド )

11日の札幌戦で先発濃厚となったC大阪のMF清武
Photo By スポニチ

 C大阪の日本代表MF清武弘嗣(27)が先発出場する。1715日ぶりにJの舞台に戻り、今季初勝利を狙う。連勝中の神戸はアウェーで仙台と対戦する。東日本大震災から6年がたつ敵地で初の開幕3連勝を目指す。

 満を持してJ復帰の時が来た。11日のアウェー札幌戦で、日本代表のC大阪MF清武が移籍後初出場する。右MFでの先発が濃厚。「良い準備ができた。楽しみたいですね」と12年6月30日・浦和戦以来1715日ぶりのJ舞台に声を弾ませた。

 出場機会を求めて1月末にセビリア(スペイン)から古巣に電撃復帰。リーグ開幕直前に右臀部(でんぶ)から右太腿裏にかけて違和感が生じて2試合を欠場したが、ピッチ外から見ることで分かったこともある。「(4日の)浦和戦(1―3)は迷いながらプレーしていた。それさえなければ良いサッカーができる」。チームは2試合で1得点。自らの復帰弾やアシストに関する公約は避けたが、その迷いを払しょくする存在になる覚悟だ。

 「良いイメージはありますよ」と笑みを浮かべた通り、試合会場の札幌ドームは縁起の良いスタジアム。11年8月10日。親善試合・韓国戦でA代表デビューし、2アシストを記録した。そこからA代表に定着、12年7月には海外移籍。14年ブラジルW杯出場を経て、今ではハリルジャパンの主力としてチームをけん引する立場になった。

 「あすはセレッソが変われるチャンス。逃したくない」と清武は力を込める。3月末にはロシアW杯アジア最終予選が控えているが先は見据えず、目前の1戦に集中。思い出の地で再出発を果たし、まずはC大阪をJ1復帰後初勝利に導く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月11日のニュース