神戸FWレアンドロ、2日にブラジル帰国 左膝負傷で全治6カ月

[ 2017年3月2日 05:30 ]

2日にブラジルへと帰国する神戸のFWレアンドロ
Photo By スポニチ

 左膝前十字じん帯損傷および外側半月板損傷で全治6カ月と診断された神戸のFWレアンドロが、2日にブラジルへと帰国することになった。母国で左膝の手術を受ける予定で、術後の経過などを見ながら、再び来日することになる。

 1日は左足を引きずりながら神戸市内のクラブハウスを訪れ、スタッフらから激励の言葉を掛けられていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年3月2日のニュース