×

広島 攻守に積極的な姿勢、スコアレスドローも指揮官満足げ

[ 2017年2月13日 05:30 ]

 広島はFC東京と練習試合を行い、スコアレスドローに終わった。

 宮崎キャンプ中では唯一、J1クラブとの対戦で、森保監督が「今の立ち位置や課題を出そうとチャレンジしてくれた」と話す通り、攻守に積極的な姿勢を見せた。10日のFC岐阜との練習試合からはメンバー8人を変更。股関節を痛めているMFミキッチや左膝を痛めたFWアンデルソン・ロペスら主力が不在の中、指揮官は「長いシーズンでは誰かが抜けることもある。一体感を持ってやってくれた」と満足げな表情を浮かべた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2017年2月13日のニュース