柏 ドローン効果で圧倒!J初導入、空撮分析し連携強化

[ 2017年2月12日 05:30 ]

プレシーズンマッチ・ちばぎん杯   柏2―0千葉 ( 2017年2月11日 )

後半、先制ゴールを決め飛び上がって喜ぶ柏・クリスティアーノ
Photo By スポニチ

 Jリーグのプレシーズンマッチが11日、各地で行われ、柏はちばぎん杯でJ2千葉と対戦し、2―0で勝利した。今季から紅白戦や練習試合を小型無人機「ドローン」で撮影。上空からの映像を駆使したハイテクミーティングで、来季ACL獲得圏のリーグ3位以内を目指す。昨季リーグ王者の鹿島はJ2水戸に3―0で快勝。大宮はJ2群馬に1―0で勝った。

 スコア以上に圧倒した。柏は後半15分にクリスティアーノの左足弾で先制すると、3分後にはディエゴ・オリヴェイラの右足弾で追加点。J2千葉の極端に浅いDFラインを何度も突破し、21本のシュートを打ち込んだ。今季で22回目を迎えたプレシーズン恒例のちばぎん杯で2年ぶりの白星。対戦成績を14勝8敗とし、下平監督は「相手が(ラインの浅い)勇敢な戦術で来てくれたので、僕自身は楽しかった。スペース、チャンスがありすぎて慌てた部分はあったが…」と余裕の表情だ。

 今季目標はACL出場権獲得の3位以内。上位進出への秘策が、指揮官が「画期的」とうなるドローンだ。今季から紅白戦や練習試合を上空から撮影し、ミーティングで活用。DF中谷は「ゲームの映像みたいで見やすい。ピッチ全体の状況が分かるので逆サイドのポジショニングやサボっている選手が明確になる。最初は“ブーン”という音が気になりましたが、慣れました」と説明した。プレミアリーグのエバートンなども導入するシステムを、柏がJクラブでいち早く採用した形だ。

 鹿児島合宿の練習試合はJ3鹿児島に3―0で勝ったものの、鹿屋体大に2―4、清水に1―3で敗戦。仙台から加入したハモン・ロペスら新戦力が融合に苦しんだが、ドローン効果もあり、この日は上々の連係を見せた。大谷主将は「キャンプの時より全体の関係性は良くなっている。Jリーグ開幕までに上げていければ」と手応え。昨季は終盤の失速で8位に終わったが、今季は最終節まで優勝戦線から“どろん”するつもりはない。

 ◆スポーツ界のドローン事情 近年、ドローンの活用は活発化しており、プレミアリーグのエバートンなどが練習の空撮を導入している。米プロフットボールNFLは試合開催日の空撮認可を取得。スタジアムと駐車場の上空を飛ばせるが、スタジアムに観客が入っていない時間帯に限定され、試合中は撮影できない。15年の南米選手権ではチリ代表が非公開練習を報道陣に空撮されて、サンパオリ監督が激怒して練習を一時中断するなどトラブルも発生。「ドローンサッカー」などドローン自体を使う新スポーツも登場している。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年2月12日のニュース