なでしこ大型GK山根、26歳にしてまた身長伸びる「過去最高値…やべー」

[ 2017年1月28日 18:37 ]

なでしこジャパンのGK山根恵里奈
Photo By スポニチ

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のGK山根恵里奈(26)が28日、自身のツイッターで驚きの”進化”を報告した。

 山根は「本日メディカルチェックです」と所属チームの千葉でシーズンイン前の恒例行事があったことを明かし、「メディカルチェックということは、もちろん身体測定もあるわけでして…」とツイート。「ついにまたやってしまいました。身長、過去最高値だしました→→188.4cm」と26歳にしてさらに身長が伸びたことを明らかにしたうえで「やべー」と複雑な?心境をつづった。

 2015年の女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会メンバーでもある山根の身長は、昨年2〜3月に行われたリオデジャネイロ五輪最終予選までは1メートル87で登録されていたが、同年5月の国際親善試合から1メートル88に変更。このツイートによると、そこから、わずかながらまた伸びたようだ。

 男子の日本代表GKを見ても、西川周作(30=浦和)は1メートル83で、川島永嗣(33=メス)も1メートル85。山根は以前から男子をもしのぐ大型GKとして注目されてきたが、「やべー」の文字に続いては、涙を流す絵文字と「笑」の文字も添えられている。サッカー選手としては大きな武器の長身だが、26歳の乙女としては少々複雑なのかも?

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年1月28日のニュース