横浜 決定欠き零敗…“神ってる”天野も3戦連発ならず

[ 2016年12月30日 05:30 ]

天皇杯準決勝   横浜0―2鹿島 ( 2016年12月29日    ヤンマー )

鹿島に敗れ、肩を落とす中村(10)ら横浜イレブン
Photo By 共同

 横浜は3年ぶりの優勝を目指したが、準決勝で鹿島の前に敗退した。

 シュート数では14対6と大幅に上回るも、決定力に欠く展開が続いた。2戦連続で後半ロスタイムに決勝弾を決めていた“神ってる”MF天野も3戦連発はならず。「ウチのゲームでした。前半だけで2〜3点取れるチャンスがあった。そこで決めきれないのが全て。あともう1試合やりたかった」と悔しそうに振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年12月30日のニュース