J3秋田監督に杉山弘一氏 11年にシンガポール年間最優秀監督

[ 2016年12月24日 16:19 ]

 J3秋田は24日、来季の新監督に杉山弘一氏(45)が就任すると発表した。

 杉山氏は現役時代に浦和、V川崎(現J2東京V)、新潟でプレー。現役引退後はシンガポールSリーグのアルビレックス新潟シンガポールで2011年から13年まで監督を務め、1年目でシンガポールリーグカップ優勝、シンガポールカップ準優勝をしたほか、シンガポール年間最優秀監督賞を受賞。クラブ設立以来初となるタイトルをもたらした。14年8月から11月まではアユタヤ(タイ)で監督を務め、降格の危機にあったチームを立て直し、最終順位を6位に引き上げた。15年にはJ1柏でコーチを務め、今年2月から4月にはBBCU(タイ)で監督、同年4月から6月にはチャイナート・ホーンビル(タイ)で監督を務めた。 日本での監督就任は秋田が初となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月24日のニュース