Cロナ バロンドール奪冠!FIFA最優秀選手とのW受賞も期待

[ 2016年12月13日 04:06 ]

クラブW杯出場のため来日中のC・ロナウド
Photo By スポニチ

 フランス・フットボール誌は12日、欧州年間最優秀選手「バロンドール」を発表。クラブW杯出場のため来日中のレアル・マドリードからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が選ばれ、4度目の受賞となった。

 2年連続受賞を狙ったバルセロナのFWメッシ(29)を抑えC・ロナウドが2年ぶりに栄誉あるタイトルを奪冠。昨季はリーグのタイトルこそバルサに譲ったものの、欧州CL制覇に続き欧州選手権も制し、最有力候補とされていた。

 08年以降はメッシとの2人でバロンドールを独占しているが、ライバルの2連覇を阻み、史上最多5度の獲得回数を誇るメッシに再び「1差」と迫った。

 バロンドールは10~15年はFIFAの最優秀選手と統一され「FIFAバロンドール」なっていたが、提携関係が終了したことで賞が分裂。今年から記者投票のみで選ばれる以前の形に戻り、元々FIFAが運営を管轄していた各国代表監督とキャプテンによる投票は外れた。

 これによりFIFAはこれまでの年間最優秀選手賞を「ザ・ベストFIFAフットボールアウォーズ」として新設。C・ロナウドはここでもメッシ、グリエズマンとともに最終候補3名残っており、ダブル受賞へ向けての期待が高まった。なお、同賞は来年1月にスイスのチューリッヒで開かれる表彰式で発表される予定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年12月12日のニュース