J2群馬 服部浩紀監督の退任発表 2年間で18位、17位

[ 2016年12月12日 17:25 ]

 J2群馬は12日、服部浩紀監督(45)が今季限りで退任すると発表した。

 服部監督は昨季から群馬で指揮を執り、昨季は13勝9分け20敗で22チーム中18位、今季は11勝12分け19敗で22チーム中17位だった。

 服部監督はクラブを通じ、「2年間という短い期間でしたが、地元群馬でJリーグの監督としてのキャリアをスタートできたことを誇りに思います。自分を支えてくれたザスパクサツ群馬に関わる全ての皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。地元である群馬県のスポーツ文化がこの先もより良いものとなり、ザスパクサツ群馬の今後の発展を願っています。今まで本当にお世話になりました。ありがとうございます」とコメントしている。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年12月12日のニュース