2人の兄より早く…DF渡辺三城、29歳で現役引退

[ 2016年12月12日 14:27 ]

 J3のYS横浜は12日、DF渡辺三城(みつき、29)が今季限りで現役を引退すると発表した。

 J2讃岐の渡辺大剛(だいごう、32)、J1神戸の渡辺千真(かずま、30)を兄に持つ渡辺は長崎県出身。国見高から法政大に進み、YS横浜で7年間プレーした。今季J3リーグ戦には20試合に出場して無得点だった。

 渡辺はクラブを通じ、「7年間在籍し関東リーグ、JFL、J3とカテゴリーが上がるにつれてなかなか勝利を届けることができず申し訳なく思ってます。ただ、なんとかこの状況を変えようと一生懸命取り組んだことは決して無駄ではないですし、僕はすごく誇りに思います。このYSCCで現役を引退することができて幸せに思っています。サッカー人生は終わりましたが、新しい道でも自分らしく頑張ります」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年12月12日のニュース