甲府、FWウイルソン加入を発表、今季まで仙台でプレー…ダヴィら3選手は退団

[ 2016年12月12日 13:51 ]

今季まで仙台でプレーしたFWウイルソン
Photo By スポニチ

 J1甲府は12日、今季まで仙台でプレーしたFWウイルソン(31)が来季から加入することが内定したと発表した。

 ブラジル出身のウイルソンは2012年に仙台に加入し、1年目で32試合13得点の成績を残してJリーグベストイレブンに輝いた。同クラブでは5シーズンに渡ってプレーし、J1リーグ戦の通算成績は128試合40得点。10月に契約満了による退団が発表されていた。

 クラブを通じて「ヴァンフォーレ甲府サポーターの皆様、来季はヴァンフォーレ甲府のエンブレムを胸にプレーします。この機会を頂いたことに感謝していますし、本当に嬉しく思います。来季、良い結果を出せるように既にコンディションを整えています。サポーターの皆様と一緒に戦いベストを尽くしたいと思います。ご声援よろしくお願いします」とコメントしている。

 また、MFマルキーニョス・パラナ(39)、ビリー・セレスキー(31)、FWダヴィ(32)の3選手について、契約満了に伴い来季は契約を更新しないことも発表。今年7月、甲府に3度目の加入をしたパラナはJ1リーグ戦12試合に出場。ダヴィは8月に4年ぶりに復帰し10試合で1得点を挙げた。今季から加入したセレスキーは13試合1得点だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年12月12日のニュース