レスター岡崎 後半33分から出場も無得点「タイミングなかった」

[ 2016年12月12日 05:30 ]

プレミアリーグ第15節 ( 2016年12月10日 )

 3―0の後半33分から出場したレスターのFW岡崎だが、無得点に終わった。「ゴールを狙いにいくタイミングがなかった」と振り返った。

 FWバーディーが公式戦17試合ぶりの得点を含むハットトリックを達成し、チームもリーグ6試合ぶりの勝利。岡崎は「ホッとしているんじゃないですかね」と話し、「4―0で正直何もない状況でゴールを狙っていく。その気持ちだけは自分はずっと持ち続けたい」と前向きに語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年12月12日のニュース