レアル劇勝!クラブ新35戦無敗でクラブW杯に弾み

[ 2016年12月12日 05:30 ]

リーガエスパニョーラ第15節 ( 2016年12月10日 )

後半47分に決勝ゴールを挙げたRマドリードDFラモス(中央)(AP)
Photo By AP

 クラブW杯に欧州代表として出場するRマドリードが、劇的な逆転勝ちでクラブ新記録を樹立した。C・ロナウド、ベンゼマ、モドリッチら主力を温存して格下に苦戦したが、2―2と追いついて迎えた後半47分に左CKからDFセルヒオ・ラモスが頭で決勝ゴール。前節バルセロナ戦でも後半45分に同点弾を決めた主将は「偶然にもまた土壇場で決めることができてうれしい」と喜んだ。

 これで4月から続く公式戦無敗を35試合に伸ばし、98~99年の34試合を抜いてクラブ記録を更新。ジダン監督は「選手とファンの応援のおかげで新記録を達成できた。私は運を持っているようだね」と笑った。C・ロナウドはスタンドで新恋人のスペイン人モデル、ヘオルヒナ・ロドリゲスと観戦。前髪を金色に染めており、地元メディアは4度目の受賞が有力視されている12日発表のバロンドール(世界年間最優秀選手)に向けたパフォーマンスと伝えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年12月12日のニュース