C大阪 名古屋DF安田獲りへ!FC東京MF水沼にも食指

[ 2016年12月9日 07:55 ]

C大阪が獲得を狙う元日本代表の名古屋DF安田理大
Photo By スポニチ

 J2C大阪が元日本代表の名古屋DF安田理大(28)の獲得に乗り出していることが8日、分かった。

 来季から指揮を執る尹晶煥(ユンジョンファン)氏を交え、クラブは2度の編成会議を実施。複数の関係者によれば、すでに安田側に獲得の打診を済ませており、細部も含めた本格的な交渉に入っていくという。

 左サイドバックを主戦場とする安田は、高い攻撃力を誇り、右サイドも遜色なくこなす。今季限りで名古屋と契約満了になったものの、14年には尹晶煥監督が途中まで指揮を執った鳥栖で主力としてプレー。今回は尹晶煥氏自らが獲得を望んでいるようで、同じく鳥栖時代に一緒に戦ったFC東京のMF水沼宏太(26)の獲得にも乗り出している。

 一方で懸念されるのがGK陣だ。韓国代表GK金鎮鉉(キムジンヒョン)(29)にFCソウルから正式オファーが届いており、さらにGK武田博行(33)にJ2東京Vからオファーが来ていることが判明。GK北野貴之(34)は契約満了となった中、8日のU―23チームの練習にはオーストリア人でニュージーランド1部ワイタケレに所属するGKピルミン・シュトラッサー(26)が参加した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月9日のニュース