ネイマールに禁錮2年求刑 バルサ移籍時の不正疑惑で

[ 2016年11月23日 23:06 ]

 サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナのブラジル代表FWネイマールが2013年にサントス(ブラジル)から加入した際の移籍手続きで不正をしていたとして、スペインの検察当局は23日、禁錮2年と罰金約12億円を求刑した。AP通信などが報じた。

 ロイター通信によると、ネイマールの移籍に絡む脱税疑惑で、6月にバルセロナはスペイン当局に約6億6千万円を支払うことで合意。しかし9月に、検察当局がそれを覆していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年11月23日のニュース