ポルベニルカシハラ、J加盟目指す 最短で5年後J3へ

[ 2016年11月23日 08:50 ]

 奈良県橿原市で活動する総合型地域スポーツクラブ「ポルベニルカシハラスポーツクラブ」が、Jリーグ加盟を目指すことが22日、分かった。関係者によると、近日中にも正式に表明する見込みで、今後は基準を満たすべく動いていくという。現在、サッカー部門のトップチームは奈良県1部リーグで戦っており、最短で5年後にJ3にたどり着くことになる。

 79年に設立された橿原FCを前身とし、サッカー以外にも様々な活動をしている同クラブ。かつて京都サンガで監督やテクニカルダイレクターを歴任した高間武氏がクラブアドバイザーを務めており、すでにJ加盟への助言を受けている。今後はチーム強化を図るため、スポンサー集めや選手獲得にも積極的に乗り出していく予定。同県でJ加盟を目指すことになれば、奈良クラブに続いて2クラブ目となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月23日のニュース