UAE指揮官も解任危機を回避 首位と1差「最後までもつれる」

[ 2016年11月17日 05:30 ]

W杯アジア最終予選B組 ( 2016年11月15日 )

 UAEは後半ロスタイムに途中出場のFWマタルが2点目を挙げてイラクを振り切り、2―0で勝利。3位オーストラリアと勝ち点で並び、首位サウジアラビアに1差と詰め寄った。

 9月の最終予選初戦で日本を破りながら10月のサウジ戦に0―3と大敗。ハリルホジッチ監督と同様、解任の危機に立たされていたアリ監督は「私がいようがいまいがチームにとって最も重要な試合だった。みんなに感謝する。これでさらにやる気が出てきた」と話した。

 次戦(来年3月23日)はホームに日本を迎える。指揮官は「どのチームが抜け出すかを話すのはまだ早い。最後までもつれる」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月17日のニュース