大久保、人生2度目ボランチ 前回は国見高3年時も「自信ある」

[ 2016年11月11日 05:55 ]

練習後に取材に答える大久保。人生2度目のボランチについて言及

 川崎Fの大久保が12日の天皇杯4回戦浦和戦でボランチに入る可能性が出てきた。戦術練習でトップ下のほか、右MF、左MFに続いてネットと組んでボランチも試された。

 「国見高3年の高校総体準決勝で一度だけやった。いろいろできれば幅が広がる。どこでもできるし、自信もある」と人生2度目となる可能性もある新ポジションに大久保もその気。風間監督も「どこをやっても一番うまい。使うかも」と、可能性もにおわせる。

 小林、中村、大島が欠場の可能性が強く、いわば苦肉の策だが、キープ力と運動量があるだけに、ひょうたんから駒となる可能性もある。勝てば来季の移籍が決まったFC東京と対戦するが、「何としても優勝したい」とまずは浦和撃破に全力を注ぐ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年11月11日のニュース