久保 11・5J最年少デビューへ!特別スポンサーも決定

[ 2016年10月28日 05:30 ]

11・5のJデビューが濃厚な久保
Photo By スポニチ

 FC東京U―18のFW久保建英(15)が、同U―23が参戦する11月5日のJ3長野戦でJリーグデビューすることが濃厚となった。“久保効果”ですでに特別スポンサーが決定。さらにスカパー!は生中継を行う予定という。15歳5カ月1日でのJデビューはもちろん史上最年少。「和製メッシ」がいよいよ駒沢でベールを脱ぐ。

 久保のJ最年少デビューがいよいよ秒読みに入った。クラブは10月30日のJ3相模原戦、または11月5日の同長野戦でデビュー戦を調整してきたが、FC東京関係者によれば長野戦で固まりつつあるという。

 久保はわずか9歳でバルセロナの入団テストに合格。だが、クラブは原則的に禁じられている18歳未満の選手の国際移籍や登録に違反があったとして、FIFAから処分を受けた。久保も18歳まで公式戦に出場できない可能性があったため、13歳で退団を強いられ、FC東京入り。その後は順調に成長を遂げてきた。9月のU―16アジア選手権では期待にたがわぬ活躍で、来年のU―17W杯出場権獲得に大きく貢献。昨年4月の時点では1メートル63、52キロだったが、今年9月には1メートル67、60キロに。FC東京関係者は「体がかなり大きくなってきた」とその成長ぶりに目を細める。

 クラブも久保のデビュー戦に向けて水面下で準備を進めており、既にスポットながら“久保効果”で大手飲料メーカーの特別スポンサードが決定。スカパー!もデビュー戦を生中継する方針を固めているという。

 また久保と同じU―16日本代表で、FC東京U―18に所属するMF平川怜(16)も同日デビューする可能性が浮上。またユースには来季、G大阪、名古屋などJ10クラブが争奪戦を繰り広げた逸材で、太陽SC鹿児島のMF久保征一郎(15)の入団が決定したことも判明した。中学3年ながら既に身長は1メートル81で来季は「W久保」と平川で強力な布陣を形成することが期待されている。

 長野戦の舞台は駒沢競技場。11月5日。天才レフティーがついにJの舞台でバルセロナ仕込みのテクニックを披露する。

 ◆久保 建英(くぼ・たけふさ)2001年(平13)6月4日、神奈川県川崎市出身の15歳。10年4月から川崎Fの下部組織でプレー。11年4月にバルセロナの入団テストに合格し、同年9月に下部組織入り。クラブへのFIFAの制裁によりプレーできなくなり、15年3月に退団。同5月にFC東京U―15に入団し、今季はFC東京U―18に飛び級で昇格。U―16日本代表。ポジションはFW。1メートル67、60キロ。利き足は左。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年10月28日のニュース