ジュニオール出られない…神戸、逆転Vへ試練

[ 2016年10月22日 05:30 ]

 第2ステージ首位の浦和に勝ち点5差で2位につける神戸は敵地で仙台と対戦する。残り3試合で奇跡の逆転優勝を目指す中、チームは試練に見舞われた。

 今季27試合10得点を挙げているFWペドロ・ジュニオールが前日練習を欠席。ネルシーニョ監督によると「ウイルス性の胃腸炎」を患い、大事を取ったという。「明日までに判断したい」と出場に含みを持たせるも、欠場は決定的だ。

 累積警告でFW渡辺とMF藤田も出場停止。指揮官は「ほかの選手の特徴を出せばチーム力が落ちるとは思っていない」と気丈に話したものの、今季の躍進を支えた主力3人が抜ける影響力は大きい。「いないから負けた、と言われるのは悔しい」とDF岩波。逆風を力に変え、浦和のVを阻止する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年10月22日のニュース