川崎F風間監督 今季限り契約満了正式発表「頭の中を一度クリアに」

[ 2016年10月13日 05:30 ]

笑顔で取材に答える風間監督
Photo By スポニチ

 J1川崎Fは12日、風間八宏監督(54)との契約が今季で満了し、来季は更新しないと発表した。風間監督は川崎市内の練習場で現在の心境を明かし、「初めて監督をやって5年たち、自分の頭の中を一度クリアにしたかった。初めから考えていた」とした。「選手と一緒で監督には継続と刺激が大事な要素」と、新たな刺激を求めての退任であると語った。

 まだリーグ戦3試合にチャンピオンシップ、天皇杯などが残っている。「タイトルのチャンスがあるし、一つずつ全力で戦う。一番はサポーターに二度と見られないような試合を見せてあげたい」と、悲願の日本一を目指すことを掲げた。

 来季については「何をやるか考えていない。監督は縁の問題、今は川崎Fでしっかりやって、次の人につなぎ、フロンターレが良くなるようにしたい」と話したが、20年東京五輪監督の最有力候補に挙がっている。

 風間監督の下で復活を遂げた大久保は「勉強になったし、感謝しかない」と話し、中村は「僕も含めて選手が成長した。残り3試合、監督のことに関係なく、優勝が目標だったが、新たなモチベーションができた」と話し、はなむけの優勝を誓った

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月13日のニュース