PR:

横浜DF栗原 左膝内側側副じん帯損傷で全治4~6週間

 横浜は元日本代表DF栗原勇蔵(33)が7日に川崎市内の病院で検査を受けた結果、左膝内側側副じん帯損傷と診断されたと発表した。5日に行われたルヴァン杯準決勝G大阪戦で負傷した。

 全治までは4~6週間を要する見込み。

[ 2016年10月12日 12:37 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月24日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム