近賀ゆかり、豪クラブへ「新しい扉を開ける」自身2度目海外移籍

[ 2016年10月5日 12:33 ]

キャンベラ・ユナイテッドへの完全移籍を発表した近賀ゆかり
Photo By スポニチ

 なでしこリーグのINAC神戸は5日、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」でも活躍したDF近賀ゆかり(32)がオーストラリアのキャンベラ・ユナイテッドに完全移籍することを発表した。

 近賀はクラブを通して「INACで学んだ多くの事を活かし、近賀ゆかりらしいプレーを全面に出して、新しい扉を開けるチャレンジをしたいと思います。これからは皆さんと共にINACの応援をさせてもらいながら、自分自身もステップアップしている姿をご報告出来るように頑張ります!」とコメント。近賀は14年にイングランドの強豪アーセナルでプレーしており、今回が自身2度目の海外移籍となる。

 なお、近賀のホーム最終戦は18日の対岡山湯郷戦。移籍前最後の試合は23日の対コノミヤ高槻戦(徳島)となっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年10月5日のニュース