×

マンC 連勝ストップ…ペップ体制公式戦12戦目で初黒星

[ 2016年10月4日 05:30 ]

アリ(右端)とガッチリ握手を交わすトットナムのポチェッティーノ監督を横目に厳しい表情で試合を見つめるマンチェスターCのグアルディオラ監督(AP)
Photo By AP

 イングランド・プレミアリーグは第7節の4試合が2日に行われ、首位マンチェスター・シティーは2位トットナムに0―2で敗れ、開幕からの連勝が6でストップ。グアルディオラ新監督は公式戦12戦目で初黒星を喫した。

 トットナムは4連勝で勝ち点差を1に縮めた。アーセナルは後半ロスタイムの得点でバーンリーに1―0と競り勝ち、5連勝で3位をキープ。ベンゲル監督の就任20周年を白星で飾った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2016年10月4日のニュース