川崎F奈良 4カ月ぶり実戦復帰「パフォーマンスはまだまだ」

[ 2016年9月23日 05:30 ]

、川崎・千葉>延長前半、ヘディングでクリアする川崎・奈良

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 川崎F4―1千葉

(9月22日 等々力)
 川崎は奈良が完全復活を果たした。センターバックの右で先発し、延長まで120分間プレー。「体力的には持ったが、パフォーマンスはまだまだ。納得いくものでなかった」としながらも、まずは復帰を勝利で飾った。

 4月に左足腓骨(ひこつ)を骨折し、リオ五輪代表からも外れた。大宮戦でベンチ入りし、この試合でフル出場と前進している。「1対1の感覚とか、周りとの関係は練習と違う。その辺も確認できたのはよかった」と収穫を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年9月23日のニュース