横浜 復帰の俊輔が存在感「勢いに乗る前に取れたのは大きい」

[ 2016年9月22日 19:57 ]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 横浜4―0東京V

(9月22日 春野陸上)
 横浜は左足甲のけがから復帰した中村が存在感を誇示した。前半18分。「Jリーグとボールが違うから」と、普段より体のひねりを小さくしてFKを直接たたき込んだ。会心の先制ゴールに「相手は若い選手が多いので、勢いに乗る前に取れたのは大きい」と胸を張った。

 8分後は中町の追加点をアシスト。熟練の攻めで相手ゴールを何度も脅かし「お互いホームではない難しい雰囲気。2点目が大きかった」とうなずいた。7月23日を最後にリーグ戦の出場がなかったベテランは「長くやっていないと復帰する時は難しいものだけど、うまく(試合に)入っていけた」とフル出場。25日には川崎戦が控え「いい試合ができればいい」と気合を入れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年9月22日のニュース