来季から降格クラブに救済金 経営悪化を防ぐ狙い…J理事会

[ 2016年9月21日 07:30 ]

来季から“パラシュートペイメント”えお導入する方針を固めたJリーグの村井チェアマン

 Jリーグは20日、都内で理事会を開き、来季から“パラシュートペイメント”を導入する方針を固めた。

 下部リーグに降格するクラブに対する救済金で、経営悪化を防ぐ狙いがある。来季から英パフォーム・グループと10年総額2100億円の放映権契約を締結。村井チェアマンは「J1がどう変わるかにプライオリティーを置く。J1に厚く配分することはJ2、J3からも同意をいただいた」と分配金に言及し「降格クラブに対する救済金の議論も必要。何年間か、いくらかは決まっていない」と語った。

 パラシュートペイメントは年間約3210億円の放映権収入のあるプレミアリーグなどで導入されている制度。降格クラブは分配金の減少で高年俸選手を抱えられなくなるなど一気に弱体化する危険性があるため、リーグが救済金を出す。現在Jリーグに救済金制度はないが、12年に町田がJ2最下位となりJFL降格が決まった際に特例で5000万円が支払われたことがある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年9月21日のニュース