カズ、15歳・久保との対戦熱望「35歳差の勝負したいですね」

[ 2016年9月13日 14:57 ]

「リポビタンD 新CM発表会」で夢への原動力を明かす三浦知良

 J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(49)が13日、都内で「リポビタンD」新CM発表会に出席。J1のFC東京がユース所属でU―16日本代表の中学生、MF久保建英(15)をトップチームの試合にも出場できる2種登録とすることについて、「中学生ですよね。夢ある話だと思います。ぜひトップチームとやる姿を見たい」と喜んだ。

 そして「できたら一緒にピッチに立ちたい。15歳ですよね?いいですね、35歳差の勝負したいですね」と笑み。「日本代表としても日本を支えてほしいし、日本代表を上に押し上げていって欲しい」と期待を寄せた。

 また、リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級金メダリストで女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨(32=ALSOK)が国民栄誉賞を授与されることについては「同じアスリートとして10数年トップに居続けるのは並大抵のことではない。おめでたいことだと思います」と祝福していた。

 カズは同商品の新CMキャラクターに就任。同じくCMキャラクターになった日本ハム・大谷翔平投手(22)はビデオメッセージで喜びのメッセージを寄せた。大谷の印象について聞かれたカズは「大谷選手は球界を代表する選手。がんばってもらいたい。色々と常識をくつがえしてますから、投げる方でも打つ方でも世界一になってもらいたい」とエールを送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年9月13日のニュース