今季初出場の本田、好機演出でモンテッラ監督から高評価

[ 2016年9月13日 05:30 ]

ウディネーゼ戦の後半、途中出場し競り合うACミランの本田(奥)

セリエA ACミラン0―1ウディネーゼ

(9月11日)
 ACミランのFW本田が今季初出場。後半34分に途中出場すると、同ロスタイムに右サイドから中央のFWバッカへ左足クロスを上げ、好機を演出した。

 試合後はドーピング検査のため取材対応はなかったが、モンテッラ監督は「良いインパクトはもたらしてくれた」と、褒めた。12日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙は6点を付け「いくつかのチャンスを創出。バッカに通した美しいクロスもあった」と評価した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年9月13日のニュース