イラク 苦しい開幕2連敗…終盤PK2本決められ逆転負け

[ 2016年9月8日 05:30 ]

W杯アジア最終予選B組 サウジアラビア2―1イラク

(9月6日)
 イラクはホームでサウジアラビアに敗れ、開幕2連敗を喫した。リオ五輪アジア予選で手倉森ジャパンとも対戦した22歳FWモハナドが前半18分、切り返しから先制ゴール。

 しかし終盤にペナルティーエリアで立て続けに反則を犯し、相手に2本のPKを決められて痛恨の逆転負け。来月6日の日本戦で敗れると3連敗となり86年以来のW杯出場は非常に厳しくなるだけに、決死の戦いをしかけてきそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年9月8日のニュース